【東京】9/18(火)「被爆の実相とデジタルアーカイブ 新たな継承の体験」のご報告

9月18日(火)、東京大学本郷キャンパス情報学環本館地下1階中山未来ファクトリーで、日本生活協同組合連合会、東京大学大学院情報学環渡邉英徳研究室にご協力頂き、「被爆の実相とデジタルアーカイブ 新たな継承の体験」を開催しま

更新日: / コメントはありません

【東京】9/18(火)「被爆の実相とデジタルアーカイブ 新たな継承の体験」のご報告

9月18日(火)、東京大学本郷キャンパス情報学環本館地下1階中山未来ファクトリーで、日本生活協同組合連合会、東京大学大学院情報学環渡邉英徳研究室にご協力頂き、「被爆の実相とデジタルアーカイブ 新たな継承の体験」を開催しま

/ コメントはありません

【東京】12/15(土)「ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐつどい~継承センターの設立をめざして」のご案内

この会の取り組みの現状に多くの皆さんから理解と共感が広く寄せられるように、また、この会の活動をさらに発展させるための拠点づくり、「ノーモア・ヒバクシャ継承センター」の設立をめざして、標記のつどいを開催します。   【開催

更新日: / コメントはありません

【東京】12/15(土)「ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐつどい~継承センターの設立をめざして」のご案内

この会の取り組みの現状に多くの皆さんから理解と共感が広く寄せられるように、また、この会の活動をさらに発展させるための拠点づくり、「ノーモア・ヒバクシャ継承センター」の設立をめざして、標記のつどいを開催します。   【開催

/ コメントはありません

【東京】10/27(土)被爆者運動に学び合う学習懇談会=シリーズ11=のご案内 “日本被団協 1994.12.23 緊急全国代表者会議”~「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」の成立をうけて~

継承する会の「被爆者運動に学び合う学習懇談会」は、しばらく中断していましたが、10月27日(土)に11回目を開催することになりました。  テーマは“日本被団協1994.12.23 緊急全国代表者会議”~「原子爆弾被爆者に

更新日: / コメントはありません

【東京】10/27(土)被爆者運動に学び合う学習懇談会=シリーズ11=のご案内 “日本被団協 1994.12.23 緊急全国代表者会議”~「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」の成立をうけて~

継承する会の「被爆者運動に学び合う学習懇談会」は、しばらく中断していましたが、10月27日(土)に11回目を開催することになりました。  テーマは“日本被団協1994.12.23 緊急全国代表者会議”~「原子爆弾被爆者に

/ コメントはありません

【東京】10/27(土)ミニ企画⑦「被爆者のお話と茶話会」を開催します

被爆者の平均年齢は80歳を超えました。この長い間、被爆者のみなさんはどのように生き、何を願って生きてきたのでしょう。「被爆者のお話と茶話会」では被爆者のみなさんの体験と思いを語っていただき、聞いた人がそれを受けとめ、次の

更新日: / コメントはありません

【東京】10/27(土)ミニ企画⑦「被爆者のお話と茶話会」を開催します

被爆者の平均年齢は80歳を超えました。この長い間、被爆者のみなさんはどのように生き、何を願って生きてきたのでしょう。「被爆者のお話と茶話会」では被爆者のみなさんの体験と思いを語っていただき、聞いた人がそれを受けとめ、次の

/ コメントはありません

【つなぐPJ】(東京)2018/9/18 「被爆の実相とデジタルアーカイブ体験会~新たな継承体験~」

デジタルの技術を駆使して、被爆者の記憶を後世に継承していく試みがある。 9月18日、東京大学(東京都文京区)で行われた「被爆の実相とデジタルアーカイブ 新たな継承の体験」に参加した。これまで集められてきた被爆者の体験談や

更新日: / コメントはありません

【つなぐPJ】(東京)2018/9/18 「被爆の実相とデジタルアーカイブ体験会~新たな継承体験~」

デジタルの技術を駆使して、被爆者の記憶を後世に継承していく試みがある。 9月18日、東京大学(東京都文京区)で行われた「被爆の実相とデジタルアーカイブ 新たな継承の体験」に参加した。これまで集められてきた被爆者の体験談や

/ コメントはありません

【つなぐPJ】(仙台)2018/8 43回目の「仙台平和七夕」〜夏の風物詩の片隅で~

仙台YMCAの会員だった油谷重雄(あぶらやしげお)さんが、会員学習の一環として広島原爆について学びの機会を得、深めていかなければと感じたのが1973年のことだった。その過程で広島への原爆投下の日が仙台七夕と同じ日であるこ

更新日: / コメントはありません

【つなぐPJ】(仙台)2018/8 43回目の「仙台平和七夕」〜夏の風物詩の片隅で~

仙台YMCAの会員だった油谷重雄(あぶらやしげお)さんが、会員学習の一環として広島原爆について学びの機会を得、深めていかなければと感じたのが1973年のことだった。その過程で広島への原爆投下の日が仙台七夕と同じ日であるこ

/ コメントはありません

【お知らせ】「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える

  ======================================== 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える http://pr6.spac

更新日: / コメントはありません

【お知らせ】「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える

  ======================================== 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える http://pr6.spac

【東京】8/26(日)ミニ企画⑦「被爆者のお話と茶話会」中止のお知らせ

  8/26の茶話会で証言を予定していた被爆者の方から、 この夏の暑さで体調を崩してしまい26日は難しいとの連絡がありました。 他の方にもお願いしてみたのですが、 みなさん、この夏の暑さで外出が厳しかったり、

更新日: / コメントはありません

【東京】8/26(日)ミニ企画⑦「被爆者のお話と茶話会」中止のお知らせ

  8/26の茶話会で証言を予定していた被爆者の方から、 この夏の暑さで体調を崩してしまい26日は難しいとの連絡がありました。 他の方にもお願いしてみたのですが、 みなさん、この夏の暑さで外出が厳しかったり、

/ コメントはありません

会員増強等についてのおねがい

継承する会は、正会員・賛助会員のみなさまによって支えられています。ふたたび被爆者をつくらないために、全国の被爆者たちが長い時間をかけてとりくんできた〈原爆〉とのたたかいを受け継ぎ歴史に刻む仕事は、被爆国に生きるわたしたち

更新日: / コメントはありません

会員増強等についてのおねがい

継承する会は、正会員・賛助会員のみなさまによって支えられています。ふたたび被爆者をつくらないために、全国の被爆者たちが長い時間をかけてとりくんできた〈原爆〉とのたたかいを受け継ぎ歴史に刻む仕事は、被爆国に生きるわたしたち

【紹介】小冊子『日本被団協60年の歩み』

一昨年10月の日本被団協結成60周年記念式典で配布された小冊子『日本被団協の歩み』が、一部内容の見直しもして、このほど完成しました。各ページにカラー写真・図版と簡単な解説で構成した60ページの小冊子で、巻末には略年表も収

更新日: / コメントはありません

【紹介】小冊子『日本被団協60年の歩み』

一昨年10月の日本被団協結成60周年記念式典で配布された小冊子『日本被団協の歩み』が、一部内容の見直しもして、このほど完成しました。各ページにカラー写真・図版と簡単な解説で構成した60ページの小冊子で、巻末には略年表も収