「ヒロシマ・ナガサキから未来へ 1 坂下さんの証言 」を公開しました

坂下さんは2歳の時に広島で被爆しました。4月12日のデジタルストーリーテリング研修会で坂下さんと受け継ぎ手が一緒になって今回の作品を制作しました。

ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワークでは、昨年から少人数で被爆者の証言にじっくりと耳を傾け、そのあと質疑応答だけではなく被爆者と受け継ぎ手が感じたこと、考えたことをディスカッションする「被爆の証言を聞くつどい」を開催してきました。
その中で聞き、語り合うだけではなく、今、ヒロシマ・ナガサキをどう受け継ぎ、発信していったらよいのかというテーマが生れました。

今後も、被爆の証言や受け継ぎ手の思いを発信していきたいと考えています。

この取り組みを一緒にやってみたい!という方、この作品の外国語字幕制作にご協力いただける方もご連絡ください。

▼クリックするとご覧いただけます

ヒロシマ・ナガサキから未来へ1 坂下さんの証言

【連絡先】
ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネツトワーク事務局

shimamura_kiokuisan@yahoo.co.jp

(ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会事務局 島村まで)

 

コメントを残す