2021/3/27(土)春休み親子企画『オンラインで学ぶ「ヒロシマ」~紙芝居とお話~」』(町田)を開催しました

3/27に春休み親子企画『オンラインで学ぶ「ヒロシマ」~紙芝居とお話~」』(町田)を開催、8~11歳のお子さんと保護者の方をはじめ14名が参加しました。


《参加者の感想》

「思い出しながら お話しするのは想像出来ないほど 負担があるのでは…と思うほどの内容でした。」「印象に残った言葉は、助産師さんとして、『奪われた(失われた?)命の数だけ命を迎えたい。』という言葉です。神戸さんの強い志を感じました。」

「原爆投下後のこと、朝鮮戦争期に中学生として受けた被爆者差別のこと、一つ一つの言葉が重く、伝わってきました。娘の素朴な疑問に対してもお答えいただき、大変感謝しております。」神戸さんの体験、参加者の感想はこちらからご覧いただけます。

お忙しい中、参加いただいた神部美和子さん、紙芝居を上演頂いた語り部「たけのこ」の藤田ヨシエさんにお礼申し上げます。今回上演頂いた紙芝居はこちら からご覧いただけます。

コメントを残す