12/26「オンライン証言・交流会」に取り組んで(「未来につなぐ被爆の記憶」ボランティア 並川桃夏)

 今回、初めて補佐という形ではなく、オンライン証言会を開催しました。紙芝居をもちいて証言会を行う経験は初めてだったのですが、他のボランティアスタッフの方のおかげもあり、どうやったら良くみえるかなど考え当日は上手く運営することができたのかなと思います。参加者の方も16人申し込みがあり、とても嬉しかったです。花垣さんも明るく話してくださり、また参加者同士の交流も50分くらいもつことができ、いろんな話をすることができとてもよかったと思います。その他、反省点もたくさんありますが、次回開催するまでに勉強し、また近々開催できたらと思います。いい企画ができるように頑張ります。(並川 桃夏)

今回お話をしていただいた花垣ルミさん
紙芝居はこちらからご覧いただけます

紙芝居を朗読した山口安奈さん(同志社大4年)

司会を担当した並川桃夏さん(法政大4年)



ZOOMの画面共有を使って「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクトの説明
花垣さんの体験記はこちらから読むことができます

コメントを残す