被爆者の会発行の手記・体験記のマスキング作業について

デジタル・アーカイブの構築に向けて、まず、各都道府県・地域の被爆者の会が発行してきた手記・体験記から公開していく予定です。そのためには、著作権や個人情報にかかわる最小限のマスキングを行う必要があります。

 今年度はその作業をすすめるため、マニュアルを作成し、パソコンも用意したのですが、新型コロナの影響で集まっての作業ができず、しばらく頓挫していました。

 このたび日本生協連のご協力により、オンラインでの在宅作業として行えるよう、また作業にあたる協力者も募っていただくなど、条件が整備されつつあります。

資料庫部会

コメントを残す