「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト ボランティア・スタッフの並川桃夏さん(大学生)が『MUSE VOICE』創刊号で紹介されました。

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクトで頑張っているボランティア・スタッフの並川桃夏さん(大学生)が『MUSE VOICE』創刊号で紹介されました。

継承ブログ「ドキュメンタリー映画『いのちの音色』(制作:ミューズの里)のご紹介」で紹介した 「ミューズの里」の情報誌です。

 記事の転載・紹介のご承諾を頂いたのでご紹介します。

『 MUSE VOICE』については、この記事の末尾をご覧ください。

 ミューズの里は、「いのち」「心の豊かさ」をテーマに、映画・音楽・舞台・書籍・などを通して、国際平和に貢献する作品づくりを目指しています。

 2020年8月新たに、希望と平和の種を蒔く『MUSE VOICE』を発行しました。

 『MUSE VOICE』創刊号では、広島平和記念公園の被爆アオギリに託された思いと共に、日本全国・世界に植樹が広がる被爆アオギリ2世・3世を取材し、希望と平和の種を蒔く皆様の声を届けていきます。特集は、製作中のドキュメンタリー映画『いのちの音色』です。創刊号では、映画にご出演くださっている方にもご執筆をしていただいています。

                   ミューズの里「MUSE VOICE編集部

『MUSE VOICE』のご購読が下記より可能となりました。是非お友だちや周りの方々にお薦めいただけたら嬉しく、何卒よろしくお願い申し上げます。

ネットショップからお申し込みの場合

「ミュズの里」援ネットショップ ▶︎ https://musevoice.thebase.in

郵便振替からお申し込みされる場合
 【口 座 名】ミューズの里
 【口座番号】 00120-0-635247

  • 振込み用紙の備考欄に、「MUSE VOICE」創刊号と札数を明記してください。
  • 料金(一冊700円+税/送料 レターパック:370円)

コメントを残す