2020年埼玉戦争展は中止となりました。準備していた埼玉戦争展親子企画はyoutube配信を念頭に引き続きプログラム作りを進めます。4/25の第3回ミーティングはメールでクイズ案をお送りして意見を募集する形で行います。(一緒に取り組んでくれるボランティア募集中です!)

3月15日(日)14時からコーププラザ浦和(JR南浦和駅下車)で戦争展親子企画第2回ミーティングを開催しました。 前回お聞きした木内さんのお話をベースに事務局で準備した台本(案)の読み合わせを行いました。

ミーティングの様子

「 ゆっこと名前を呼び、手を繋いで歩いていた人が誰なのか、門番さんを呼び、門番さんがお兄さんの名前を呼ぶまで、わからなかった、実の兄弟ということがわからないくらいの酷い怪我だったというところが印象深かったので、先日の木内さんの話のようにすぐに兄と説明せずにいた方が響くかな」「 ひでおちゃんのお話は、どうして言えなかったのか、何でナイフが出てきたところの骨だと違うのか、をもう少し詳しく話しても良いのかな? 」など出された意見で台本を修正。

「石けりは今の子たちがあまりしないかもしれないので、“石けり遊び”とか遊びなんだと想像出来る言い方が良いかもしれません。お風呂やさんもですが、イメージの写真やイラストがあるとより入ってきやすそうです。」「 ◉お風呂屋←銭湯の方がわかりやすい。 ◉石けり←わからない子もいる気がする。」 という若いお母さんのコメントにびっくり!(した私は50代半ば、、、昭和は遠くなった・・・)

若い人:「兄は半袖のシャツに、帽子のつばの上に白いキャップをかけて、半ズボンで学校に向かっていました。」がイメージできない。

50代半ば:「となりのトトロ」のカンタのイメージですよ。

という会話も、、、

台本は 5月のミーティングで完成の予定です。 次回は クイズコーナーの問題と解答を作ります 。引き続きこの企画を一緒に進めてくれるボランティア募集中です。詳しくはこちら

《埼玉戦争展親子企画第3回ミーティング》

日時:4月25日(土)
場所:メールでクイズ案を配信し、意見をお寄せいただく形で行います。
内容:クイズコーナーの問題と解答を作ります。

三択クイズで考えています。クイズコーナーは10分の予定ですから、出題数は4~5問程度だと思います。導入もかねて興味を持ってもらう&クイズを通じて何を学んでもらうか。伝えるべき被害、どういう設問にしたら身近に感じてもらえるかを考えながら問題と解答をつくります。

例えば・・・

Q1:原爆投下前の広島市の人口は何人だったでしょうか
①35万人(正解)
②131万人(さいたま市の人口)
③16万人(浦和区の人口)
解説:
1945年12月末までに14万人の方がなくなった。浦和区が無人になるイメージを伝えると実感がわくかな、、、

Q2:木内さんが通っていた原爆投下前の中島小学校の在校生は何人だったでしょうか?

(ネットでちょっと探したけれど情報が見つからない、、、ここで分校の説明をしてしまえば証言で分校を説明する必要がなくなり、証言がすっきりするかもしれません)

Q3:当時の小学生はどんな遊びをしていたでしょうか?

サッカーや野球は戦争でボールなどがなかった、みたいな解説? ここで石けりとか当時の遊びを解説する、、、など

コメントを残す