【東京】5/19(日)「未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト体験会~被爆者とともに語り継ぐ~」のご報告

5/19「未来につなぐ被爆の記憶 被爆者とともに語り継ぐ」を都内四ツ谷のプラザエフで開催しました。10代から80代まで幅広い年齢の17名が参加、二つのグループに分かれて被爆者を中心に、学生や市民の参加者がグループに分かれて交流し、被爆体験の要約や参加者の感想などをインターネットの専用サイトに登録しました。

証言する児玉三智子さん(広島、7歳被爆)

証言する児玉三智子さん(広島、7歳被爆)

児玉三智子さんのグループの交流の様子

児玉三智子さんのグループの交流の様子

児玉さんのお話を聞いて

◯本人しか伝えられないことがある。被爆者の方はつらい思いを抱えて話してくださっている。『学ぶ』だけではなく『聞く』ことで伝わることがある。

◯『核兵器はどこまでも追いかけてくる』という言葉に胸が締め付けられた。

証言する中村雄子さん(広島、13歳被爆)

証言する中村雄子さん(広島、13歳被爆)

中村雄子さんのグループの交流の様子

中村雄子さんのグループの交流の様子

中村さんのお話を聞いて

◯後世に伝えていかなければいけないという使命感を持って語って下さる中村さんの姿勢に感動しました。

◯被爆の実態を非常に具体的にお聞きできたこと

IMG_38142まとめ

二つのグループでお話を聞いて交流したので、閉会前に各グループからお一人、お話を聞いた感想や交流会で話したことについて簡単に報告をお願いしました。手前のパソコンで体験記の要約やお写真の登録作業を行いました。これから全国で取り組みを進めていきます。

 

コメントを残す