【東京】12/15(土)「ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐつどい~継承センターの設立をめざして」のご案内

この会の取り組みの現状に多くの皆さんから理解と共感が広く寄せられるように、また、この会の活動をさらに発展させるための拠点づくり、「ノーモア・ヒバクシャ継承センター」の設立をめざして、標記のつどいを開催します。

 

【開催の目的】

①「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」が目指す「被爆者が遺してきた原爆被害の実相と、証言、記録、たたかい、未来へのメッセージを確かに受け継ぎ、世界中の人々が共有できる記憶遺産とし、発信し続ける」を具体的な形で体験していただきます。

②そのことを通して、継承する会が設立をめざしている「継承センター」の役割と意義をご理解いただき、活動に賛同いただける人を増やしていきます。

【開催概要】

(1)開催日:2018年12月15日(土)13:00~16:30

(2)開催会場:武蔵大学(東京都練馬区豊玉上1-26-1)

1号館地下1002シアター教室 他

(3)主催:日本被団協/ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

協力:武蔵大学・日本生協連・東京都生協連(現時点)

(4)参加対象

・被爆体験の継承や被爆者運動の歴史に関心のある方。特に、学生など若い世代の参加を呼びかけます。

・ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会の趣旨に賛同し、継承センターの設立に関心を寄せていただける方。

・報道関係者にも広く取材を呼びかけます。

(5)プログラム(案):

13:00 オープニング(武蔵大学永田ゼミによる映像作品の上映)

ご挨拶(日本被団協)

「受け継ぐ活動」の紹介

① 未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト(協力:東京大学渡邉研究室)

② 被爆者運動史料を後世につなぐ(協力:昭和女子大学)

③ 継承する人をつなぐプロジェト(未定)

④ 奈良県内の原爆被害者の声を未来に~手探りの掘り起こしから継承へ~

(奈良県 入谷方直さん)

14:40       (休 憩)

14:55 ワークショップ「みんなでつくる、受け継ぐ活動ひろば」

・4つの活動の報告者を交えたミニワークショップ

16:00 全体会(4つの活動の報告者からのコメント)

16:15 継承する会からのよびかけ

16:30 閉会

 

コメントを残す