【東京】10/27(土)被爆者運動に学び合う学習懇談会=シリーズ11=のご案内 “日本被団協 1994.12.23 緊急全国代表者会議”~「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」の成立をうけて~

継承する会の「被爆者運動に学び合う学習懇談会」は、しばらく中断していましたが、10月27日(土)に11回目を開催することになりました。

 テーマは“日本被団協1994.12.23 緊急全国代表者会議”~「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」の成立をうけて~。問題提起は、濱谷正晴さん(一橋大学名誉教授)。

 被爆50年を目前にして制定された「援護に関する法律」(現行法)とその後の運動を検証するための第一歩として、法制定直後に開かれた日本被団協の緊急全国代表者会議でどのような議論がなされたのか、当日のビデオ映像と資料でふり返ってみようとするものです。(詳細は、添付チラシを参照)

 いつもと開始時間(13:00~)と会場(味覚糖 UHA館浜松町CC)が異なりますので、ご注意ください。

 申し込みはチラシ裏面の申込書(FAX)、またはメールにて。必ず事前にお申し込みくださいますよう、ご協力をお願いします。

◆ 日 時 2018年10月27日(土) 13:00~16:00

◆ 場 所 味覚糖UHA館TKP浜松町CC カンファレンスルーム4B

◆ 問題提起者:濱谷 正晴 氏 (一橋大学名誉教授。「原爆と人間アーカイブ」の構築:ライフワーク)

◆ 定 員 40名

◆ 参加費 1,000円(学生 500円)

◆ 申込み方法  2018-10-27学習懇談会チラシ(継承する会)の「参加申込書」(FAX)またはe-mail で必ず事前にお申し込みを

主 催: ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会/日本原水爆被害者団体協議会

〒102-0085 東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F TEL/FAX 03-5216-7757(月、水 10-17時) E-mail:hironaga8689@gmail.com

コメントを残す