【東京】「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト アーカイブ化プロジェクトでトライアルがはじまりました

10/24(火)、12/12(火)都内四ツ谷の主婦会館プラザエフで「未来につなぐ被爆の記憶」アーカイブカPJのトライアルを開催しました。担当理事の岡山さん、システム開発を担当している首都大学東京の大学院生、データ化プロジェクトのボランティア・スタッフ、事務局の日本生協連の小池さんらが参加。被爆者として第1回目は継承する会の大岩理事、第2回目は岩佐代表理事が参加しました。

2017/10/24 第1回トライアルの様子

2017/10/24 第1回トライアルの様子

12/12第2回トライアルの様子

12/12第2回トライアルの様子

コメントを残す