「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト

8月18日(金)、25日(金)、29日(火)の3日間、「未来につなぐ被爆の記憶」データ化プロジェクトでは、コーププラザ浦和でプロジェクトで使用する証言集の電子化(PDF化)のトライアル作業を行いました。

8/25の作業の様子です

 

トライアル作業に取り組んだボランティア・スタッフからは「作業自体は単純かもしれませんが、会話をしながら2時間、加えて2時間程度ワークショップができれば、1回1回を充実させることができるのでは」との感想も。25日からは大学生も参加。被爆者からのバトンを次につないでいく世代がどんどん参加してくれると嬉しいです。

未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト

 

コメントを残す