NPO法人 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会 第2回理事会(10月)のご報告

10月15日(土)午後1時半から4時半まで、東京四谷の主婦会館プラザエフで今年度の第2回理事会が開催されました。主な審議事項は、(1)デジタル・アーカイブ化の具体的な取り組みについて、(2)社会的認知をめざす企画について、です。

(1)は、<継承する会の活動実態を映像で伝える><アーカイブ化した資料サンプルを実際に見せる>プロモーションビデオを観賞しました。その特徴は、アーカイブ化した資料について①保存→②公開→③参加型のものにし、オンライン上に掲載することで、誰でもアクセスでき、ワークショップなどに利用することもできるようにしていくことをめざします。今後、ホームページに掲載することも検討します。また、資料のデータベース化をすすめます。デジタル・アーカイブに本格的に取り組む体制が必要になっていきます。(2)は、「継承する会が何をやっているか」が理解される対外的な企画を引き続き検討していきます。なお、国立国会図書館関西館長よりインターネット資料収集保存事業への協力要請があり、これを了承しました。

コメントを残す