【東京】ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会 資料庫部会の取り組み

   南浦和の資料室(コーププラザ浦和4階)では、寄贈された書籍・冊子類の目録作成作業が、毎週火曜日に行われています。

 これまでに、①体験記・手記類(各県・地域の被爆者団体、個人、その他の諸団体によるもの)、証言誌、②原爆文学(詩歌、小説・エッセイ・評論など)、芸術(写真、絵画、音楽、映画、演劇など)分野の入力が終わり、③調査研究、④核兵器&原水禁運動分野の整理にとりかかっています。

 また、東京の被爆教師であった故・永坂昭さんのご遺族から、手記・聞き書きや平和教育、東京の被爆者運動関係の書籍等をご寄贈いただきました。

 日本被団協が所蔵している書籍・冊子類については、5月中には事務所の条件を整えて目録どりを始める予定です。

 なお、各都道府県、地域の被爆者の会が独自に作成した会報や運動資料についても、被団協総会に向けて方針を具体化し、順次収集・整理していきたいと考えています。

【お問い合わせ】

NPO法人 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

TEL/FAX 03-5216-7757

Email  hironaga8689@gmail.com

コメントを残す