ニュース

【お知らせ】「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える

  ======================================== 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える http://pr6.spac

更新日: / コメントはありません

【お知らせ】「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える

  ======================================== 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える http://pr6.spac

【東京】8/26(日)ミニ企画⑦「被爆者のお話と茶話会」中止のお知らせ

  8/26の茶話会で証言を予定していた被爆者の方から、 この夏の暑さで体調を崩してしまい26日は難しいとの連絡がありました。 他の方にもお願いしてみたのですが、 みなさん、この夏の暑さで外出が厳しかったり、

更新日: / コメントはありません

【東京】8/26(日)ミニ企画⑦「被爆者のお話と茶話会」中止のお知らせ

  8/26の茶話会で証言を予定していた被爆者の方から、 この夏の暑さで体調を崩してしまい26日は難しいとの連絡がありました。 他の方にもお願いしてみたのですが、 みなさん、この夏の暑さで外出が厳しかったり、

/ コメントはありません

会員増強等についてのおねがい

継承する会は、正会員・賛助会員のみなさまによって支えられています。ふたたび被爆者をつくらないために、全国の被爆者たちが長い時間をかけてとりくんできた〈原爆〉とのたたかいを受け継ぎ歴史に刻む仕事は、被爆国に生きるわたしたち

更新日: / コメントはありません

会員増強等についてのおねがい

継承する会は、正会員・賛助会員のみなさまによって支えられています。ふたたび被爆者をつくらないために、全国の被爆者たちが長い時間をかけてとりくんできた〈原爆〉とのたたかいを受け継ぎ歴史に刻む仕事は、被爆国に生きるわたしたち

【紹介】小冊子『日本被団協60年の歩み』

一昨年10月の日本被団協結成60周年記念式典で配布された小冊子『日本被団協の歩み』が、一部内容の見直しもして、このほど完成しました。各ページにカラー写真・図版と簡単な解説で構成した60ページの小冊子で、巻末には略年表も収

更新日: / コメントはありません

【紹介】小冊子『日本被団協60年の歩み』

一昨年10月の日本被団協結成60周年記念式典で配布された小冊子『日本被団協の歩み』が、一部内容の見直しもして、このほど完成しました。各ページにカラー写真・図版と簡単な解説で構成した60ページの小冊子で、巻末には略年表も収

資料庫部会の取り組みから(3) 資料整理の現状

1)南浦和・愛宕事務所での整理作業の現状について 南浦和の資料庫では、毎週火曜日に、資料庫部会の濱谷正晴さん、学芸員の松浦崇さんらで、寄贈された書籍・冊子類の整理作業がつづいています。また、各県発行の体験記・運動資料の照

更新日: / コメントはありません

資料庫部会の取り組みから(3) 資料整理の現状

1)南浦和・愛宕事務所での整理作業の現状について 南浦和の資料庫では、毎週火曜日に、資料庫部会の濱谷正晴さん、学芸員の松浦崇さんらで、寄贈された書籍・冊子類の整理作業がつづいています。また、各県発行の体験記・運動資料の照

資料庫部会の取り組みから(2) 前川多美江さん(歌集)から全歌集(4冊)の寄贈

長崎で被爆した歌人、前川多美江さんは、1954年に短歌と出会ってから長い中断をはさみ、1993年に竹山広を中心とする「ながさき短歌会」に参加して再出発。これまでに4冊の歌集を上梓しておられます。 すでにご寄贈いただいた『

更新日: / コメントはありません

資料庫部会の取り組みから(2) 前川多美江さん(歌集)から全歌集(4冊)の寄贈

長崎で被爆した歌人、前川多美江さんは、1954年に短歌と出会ってから長い中断をはさみ、1993年に竹山広を中心とする「ながさき短歌会」に参加して再出発。これまでに4冊の歌集を上梓しておられます。 すでにご寄贈いただいた『

資料庫部会の取り組みから(1) 奈良で「継承する会(奈良版)」の動き

6月18日(月)、2年間にわたって「わかくさの会」(1985~2006)をはじめとする県内被爆者の会と被爆者たちの活動の掘り起こしをすすめてきた入谷方直さんが、愛宕事務所に来訪されました。 3月に開催された「ピースかふぇ

更新日: / コメントはありません

資料庫部会の取り組みから(1) 奈良で「継承する会(奈良版)」の動き

6月18日(月)、2年間にわたって「わかくさの会」(1985~2006)をはじめとする県内被爆者の会と被爆者たちの活動の掘り起こしをすすめてきた入谷方直さんが、愛宕事務所に来訪されました。 3月に開催された「ピースかふぇ

2018.6 広報電子化部会・継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクトから

昨年は「継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクト」でボランティア・ライターの皆さんの取材レポートを「ノーモア・ヒバクシャ通信」に掲載してきましたが、取材が集中すると「ノーモア・ヒバクシャ通信」のページ数が多くなって印刷

更新日: / コメントはありません

2018.6 広報電子化部会・継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクトから

昨年は「継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクト」でボランティア・ライターの皆さんの取材レポートを「ノーモア・ヒバクシャ通信」に掲載してきましたが、取材が集中すると「ノーモア・ヒバクシャ通信」のページ数が多くなって印刷

2018.6 未来につなぐ被爆の記憶プロジェクトの進捗状況

1.アーカイブ化プロジェクト ~9/18(火)「被爆の実相とデジタル・アーカイブ 新たな継承の体験」を開催~  「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクは、富士ゼロックス等から継承する会に寄贈された機材を利用して、コープみら

更新日: / コメントはありません

2018.6 未来につなぐ被爆の記憶プロジェクトの進捗状況

1.アーカイブ化プロジェクト ~9/18(火)「被爆の実相とデジタル・アーカイブ 新たな継承の体験」を開催~  「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクは、富士ゼロックス等から継承する会に寄贈された機材を利用して、コープみら

【東京】6/14(水)日本被団協第63回定期総会で特別報告

日本被団協第63回定期総会が6月13日、14日の2日間、東京ジュラクダイホテルで開催され、2日目の冒頭に継承する会から特別報告として「ノーモア・ヒバクシャ継承センター設立の呼びかけを行いました。締めくくりで「被爆者運動が

更新日: / コメントはありません

【東京】6/14(水)日本被団協第63回定期総会で特別報告

日本被団協第63回定期総会が6月13日、14日の2日間、東京ジュラクダイホテルで開催され、2日目の冒頭に継承する会から特別報告として「ノーモア・ヒバクシャ継承センター設立の呼びかけを行いました。締めくくりで「被爆者運動が