【東京】5/19(日)「未来につなぐ被爆の記憶体験会 被爆者とともに語り継ぐ」を開催しました

「継承する会」では、被爆の実相を記録・保管するとともに、後世に伝えるためにデジタルアーカイブを活用した継承・発信の取り組み「未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト」をすすめています。 2019年度は、全国各地で体験会を開催し

更新日: / コメントはありません

【東京】5/19(日)「未来につなぐ被爆の記憶体験会 被爆者とともに語り継ぐ」を開催しました

「継承する会」では、被爆の実相を記録・保管するとともに、後世に伝えるためにデジタルアーカイブを活用した継承・発信の取り組み「未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト」をすすめています。 2019年度は、全国各地で体験会を開催し

/ コメントはありません

【関連行事のお知らせ】(2)武蔵大・永田浩三さん 講演「ヒロシマを伝える意味」のお知らせ

武蔵大学の学生の映像作品「声が世界を動かした」を指導された永田浩三さん(社会学部教授)が、「ヒロシマを伝える意味~被爆体験は世界のなにを変えるのか~」と題して講演されます。 2017年12月にはじまった東京藝術大学 音楽

更新日: / コメントはありません

【関連行事のお知らせ】(2)武蔵大・永田浩三さん 講演「ヒロシマを伝える意味」のお知らせ

武蔵大学の学生の映像作品「声が世界を動かした」を指導された永田浩三さん(社会学部教授)が、「ヒロシマを伝える意味~被爆体験は世界のなにを変えるのか~」と題して講演されます。 2017年12月にはじまった東京藝術大学 音楽

【関連行事のお知らせ】(1)朗読劇「夏の雲は忘れない」の公演が今夏で最後に

渡辺美佐子さんら18人の女優が2008年から続けてきた、原爆を体験した子どもらの手記をもとにした朗読劇「夏の雲は忘れない」(主催:夏の会)が今夏で終わることになりました。被爆40周年に始まった「この子たちの夏」から数える

更新日: / コメントはありません

【関連行事のお知らせ】(1)朗読劇「夏の雲は忘れない」の公演が今夏で最後に

渡辺美佐子さんら18人の女優が2008年から続けてきた、原爆を体験した子どもらの手記をもとにした朗読劇「夏の雲は忘れない」(主催:夏の会)が今夏で終わることになりました。被爆40周年に始まった「この子たちの夏」から数える

書籍のご寄贈ありがとうございました

○ 橋爪文さん(神奈川、広島被爆)より 『ヒロシマからの出発』(トモコーポレーション、2014.7) 『橋爪文エッセイ集 8月6日の蒼い月―爆心地一・六㎞の少女が世界に伝えたいこと』(コールサック社、2017.8) 〔楽

更新日: / コメントはありません

書籍のご寄贈ありがとうございました

○ 橋爪文さん(神奈川、広島被爆)より 『ヒロシマからの出発』(トモコーポレーション、2014.7) 『橋爪文エッセイ集 8月6日の蒼い月―爆心地一・六㎞の少女が世界に伝えたいこと』(コールサック社、2017.8) 〔楽

継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクトのご報告

4月21日(土)夕方、主婦会館プラザエフの会議室でこれからの取材先などについて打ち合わせを行いました。 昨年3月の別冊発行以降のレポートは以下の2本です。 ■ これまでの取材記事 (東京)3/8(金) 原爆の図第10部《

更新日: / コメントはありません

継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクトのご報告

4月21日(土)夕方、主婦会館プラザエフの会議室でこれからの取材先などについて打ち合わせを行いました。 昨年3月の別冊発行以降のレポートは以下の2本です。 ■ これまでの取材記事 (東京)3/8(金) 原爆の図第10部《

DVD「声が世界を動かした」の発行・活用について

昨年12月、ノーモア・ヒバクシャ継承センターの設立をめざして開催した「被爆者の声を未来につなぐ公開ミーティング」では、冒頭、被爆者運動の歴史と継承する会の役割を紹介する「声が世界を動かした」映像作品を上映しました。これは

更新日: / コメントはありません

DVD「声が世界を動かした」の発行・活用について

昨年12月、ノーモア・ヒバクシャ継承センターの設立をめざして開催した「被爆者の声を未来につなぐ公開ミーティング」では、冒頭、被爆者運動の歴史と継承する会の役割を紹介する「声が世界を動かした」映像作品を上映しました。これは

次回 学習懇談会のお知らせ

シリーズ13回目の学習懇談会は6月29日(土)、1968~94年、広島赤十字原爆病院の医療ソーシャルワーカーとして被爆者相談に携わってこられた若林節美さん(原爆被害者相談員の会)をお招きして開催します。 テーマは「被爆者

更新日: / コメントはありません

次回 学習懇談会のお知らせ

シリーズ13回目の学習懇談会は6月29日(土)、1968~94年、広島赤十字原爆病院の医療ソーシャルワーカーとして被爆者相談に携わってこられた若林節美さん(原爆被害者相談員の会)をお招きして開催します。 テーマは「被爆者

被爆者運動に学び合う学習懇談会《シリーズ12》報告 「被爆者運動の自立を戦後史に位置づける」をテーマに

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会は4月13日(土)、東京・四ツ谷のプラザエフで第12回「被爆者運動に学び合う学習懇談会」を開催しました(日本被団協との共催。参加者33人、うち被爆者8人)。 「被爆者運動の自立を戦

更新日: / コメントはありません

被爆者運動に学び合う学習懇談会《シリーズ12》報告 「被爆者運動の自立を戦後史に位置づける」をテーマに

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会は4月13日(土)、東京・四ツ谷のプラザエフで第12回「被爆者運動に学び合う学習懇談会」を開催しました(日本被団協との共催。参加者33人、うち被爆者8人)。 「被爆者運動の自立を戦

【東京】5/19(日)「未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト体験会~被爆者とともに語り継ぐ~」のご案内(キャンセルが出たので、あと4名参加いただけます)

戦後74年が過ぎ、被爆者の平均年齢は83歳を超えました。「継承する会」では、被爆の実相を記録・保管するとともに、後世に伝えるために広く発信することが喫緊の課題と考え、デジタルアーカイブを活用した継承・発信の取り組み「未来

更新日: / コメントはありません

【東京】5/19(日)「未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト体験会~被爆者とともに語り継ぐ~」のご案内(キャンセルが出たので、あと4名参加いただけます)

戦後74年が過ぎ、被爆者の平均年齢は83歳を超えました。「継承する会」では、被爆の実相を記録・保管するとともに、後世に伝えるために広く発信することが喫緊の課題と考え、デジタルアーカイブを活用した継承・発信の取り組み「未来

第7回通常総会のご案内

風薫るさわやかな季節を迎えましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。 日頃より当会の活動にご理解をいただき、真にありがとうございます。 標記総会のご案内を申し上げます。   昨年度は、資料を電子化・公開する

更新日: / コメントはありません

第7回通常総会のご案内

風薫るさわやかな季節を迎えましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。 日頃より当会の活動にご理解をいただき、真にありがとうございます。 標記総会のご案内を申し上げます。   昨年度は、資料を電子化・公開する