肥田舜太郎先生のご逝去を悼んで~ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会代表理事 岩佐幹三~

肥田舜太郎先生のご逝去を悼んで    肥田先生も幽明境を異にされたのですね。人間一度この世に生を享けた以上、いずれの日にか立ち去って逝かねばならないことを知りながらも、訃報をお聞きしたことは本当に寂しいこと悲しいことです

更新日: / コメントはありません

肥田舜太郎先生のご逝去を悼んで~ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会代表理事 岩佐幹三~

肥田舜太郎先生のご逝去を悼んで    肥田先生も幽明境を異にされたのですね。人間一度この世に生を享けた以上、いずれの日にか立ち去って逝かねばならないことを知りながらも、訃報をお聞きしたことは本当に寂しいこと悲しいことです

/ コメントはありません

肥田舜太郎先生のご逝去を悼んで~2011.11.25 会発足記者会見での肥田先生の発言要旨~

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会発足にあたって、呼びかけ発起人のおひとりだった肥田舜太郎先生が、3月20日朝、逝去されました。100歳でした。心からお悔やみ申し上げます。 ここに肥田先生のご逝去を悼んで、2011

更新日: / コメントはありません

肥田舜太郎先生のご逝去を悼んで~2011.11.25 会発足記者会見での肥田先生の発言要旨~

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会発足にあたって、呼びかけ発起人のおひとりだった肥田舜太郎先生が、3月20日朝、逝去されました。100歳でした。心からお悔やみ申し上げます。 ここに肥田先生のご逝去を悼んで、2011

/ コメントはありません

【つなぐPJ】(東京)12/10(土) 国立市伝承講話を取材して 〜「被爆3世の伝える原爆」〜

みなさんこんにちは、つなぐPJのしのです! 今回は国立市が定期開催している原爆体験伝承者講話の取材に伺いました。 この取り組みはお亡くなりになった佐藤一夫市長が、戦争を忘れないようにとの強い熱意で始められた平和事業の一つ

更新日: / コメントはありません

【つなぐPJ】(東京)12/10(土) 国立市伝承講話を取材して 〜「被爆3世の伝える原爆」〜

みなさんこんにちは、つなぐPJのしのです! 今回は国立市が定期開催している原爆体験伝承者講話の取材に伺いました。 この取り組みはお亡くなりになった佐藤一夫市長が、戦争を忘れないようにとの強い熱意で始められた平和事業の一つ

/ コメントはありません

【東京】トークセッション<ヒロシマ・2017 連続講座>のご紹介

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会会員の竹内良男さんから『トークセッション<ヒロシマ・2017 連続講座>』の7月までの予定をお知らせいただきました。ご紹介します。 詳細は以下のPFFをご覧ください。 講座予定(2

更新日: / コメントはありません

【東京】トークセッション<ヒロシマ・2017 連続講座>のご紹介

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会会員の竹内良男さんから『トークセッション<ヒロシマ・2017 連続講座>』の7月までの予定をお知らせいただきました。ご紹介します。 詳細は以下のPFFをご覧ください。 講座予定(2

/ コメントはありません

【東京】4/8(土)被爆者運動に学び合う学習懇談会 シリーズ8

シリーズ8回目は4月8日(土)13:30~ プラザエフ5F会議室で。今回のテーマは、「沖縄戦と被爆者運動―9.9学習会と沖縄交流ツアーをふまえて―」。原爆被害への国家補償制度を求めつづけてきた日本被団協は、昨年結成60年

更新日: / コメントはありません

【東京】4/8(土)被爆者運動に学び合う学習懇談会 シリーズ8

シリーズ8回目は4月8日(土)13:30~ プラザエフ5F会議室で。今回のテーマは、「沖縄戦と被爆者運動―9.9学習会と沖縄交流ツアーをふまえて―」。原爆被害への国家補償制度を求めつづけてきた日本被団協は、昨年結成60年

/ コメントはありません

【埼玉】3/11(土)「未来につなぐ被爆の記憶」PJ、証言集のデータ化がスタートしました。

「未来につなぐ被爆の記憶」PJは、「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」が収集している被爆の体験資料を、デジタル・アーカイブに収納し、活用できる状態にすること。デジタル・アーカイブの制作に関わることを通して、被爆の

更新日: / 1件のコメントがあります

【埼玉】3/11(土)「未来につなぐ被爆の記憶」PJ、証言集のデータ化がスタートしました。

「未来につなぐ被爆の記憶」PJは、「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」が収集している被爆の体験資料を、デジタル・アーカイブに収納し、活用できる状態にすること。デジタル・アーカイブの制作に関わることを通して、被爆の

被爆70年「被爆者として言い残したいこと」 日本被団協の総会(6月)をめざして報告書発行の予定

 被爆70年に日本被団協と継承する会が協力して行った「被爆者として言い残したいこと」調査について、調査の集計・まとめにあたっている専門家グループでは、いま、報告書作成に向けて一枚一枚の調査票の自由記述を手分けして読み込む

更新日: / 1件のコメントがあります

被爆70年「被爆者として言い残したいこと」 日本被団協の総会(6月)をめざして報告書発行の予定

 被爆70年に日本被団協と継承する会が協力して行った「被爆者として言い残したいこと」調査について、調査の集計・まとめにあたっている専門家グループでは、いま、報告書作成に向けて一枚一枚の調査票の自由記述を手分けして読み込む

【東京】2/25(土)被爆者運動から学び合う学習懇談会 『シリーズ7 「原爆で終戦」のウソと役割』を開催しました

2月25日(土)午後、プラザエフ5階の会議室で、シリーズ7回目の学習懇談会を開きました。問題提起は吉田一人さん(長崎被爆、継承する会理事)。30人を超える参加者で盛り上がった学習会の詳細は、次号にて報告します。  継承交

更新日: / コメントはありません

【東京】2/25(土)被爆者運動から学び合う学習懇談会 『シリーズ7 「原爆で終戦」のウソと役割』を開催しました

2月25日(土)午後、プラザエフ5階の会議室で、シリーズ7回目の学習懇談会を開きました。問題提起は吉田一人さん(長崎被爆、継承する会理事)。30人を超える参加者で盛り上がった学習会の詳細は、次号にて報告します。  継承交

/ コメントはありません

資料庫部会の取り組みから

■ 収集資料のアーカイブ構築に向けて 資料庫部会では、日本被団協が所蔵する資料と会が収集してきた資料のうち、書籍・冊子類(0:総合(目録・戦災誌、年史)、1:手記・体験記、2:原爆文学・芸術、3被爆者調査・研究、4.被爆

更新日: / コメントはありません

資料庫部会の取り組みから

■ 収集資料のアーカイブ構築に向けて 資料庫部会では、日本被団協が所蔵する資料と会が収集してきた資料のうち、書籍・冊子類(0:総合(目録・戦災誌、年史)、1:手記・体験記、2:原爆文学・芸術、3被爆者調査・研究、4.被爆

/ コメントはありません

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクトがスタートしました

2月17日(金)首都大学東京、渡邉英徳研究室(システムデザイン学部)で第1回会合を開き、「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクトが正式にスタートしました。 次の2つのことをめざします。 ①「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継

更新日: / コメントはありません

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクトがスタートしました

2月17日(金)首都大学東京、渡邉英徳研究室(システムデザイン学部)で第1回会合を開き、「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクトが正式にスタートしました。 次の2つのことをめざします。 ①「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継

/ コメントはありません