2020/11/29(日)未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト オンライン証言・交流会のご案内

被爆者のお話を聞いてみませんか?被爆者の方から直接お話を聞くことができる時間はあまり残っていません。一方通行の講演にならないように、後半はお話を聞いて心に残ったこと、考えたことなどを交流します。そのため定員も少なめに設定

更新日: / コメントはありません

2020/11/29(日)未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト オンライン証言・交流会のご案内

被爆者のお話を聞いてみませんか?被爆者の方から直接お話を聞くことができる時間はあまり残っていません。一方通行の講演にならないように、後半はお話を聞いて心に残ったこと、考えたことなどを交流します。そのため定員も少なめに設定

/ コメントはありません

第10 回国際平和博物館会議(INMP2020)でのDVD「声が世界を動かした」の上映について

「平和のための博物館国際ネットワーク」(International Network of Museums for Peace, INMP)の第10 回国際平和博物館会議(INMP2020)は9/16-20の予定で基本的に

更新日: / コメントはありません

第10 回国際平和博物館会議(INMP2020)でのDVD「声が世界を動かした」の上映について

「平和のための博物館国際ネットワーク」(International Network of Museums for Peace, INMP)の第10 回国際平和博物館会議(INMP2020)は9/16-20の予定で基本的に

/ コメントはありません

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト ボランティア・スタッフの中尾詩織さんが『70seeds』で紹介されました。『「体験が伝わる」ってどういうこと』

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト ボランティア・スタッフの中尾詩織さんが『70seeds』で紹介されました。『「体験が伝わる」ってどういうこと』、「これからの継承の形を被爆者と一緒につくっていくチャンス」という言葉

更新日: / コメントはありません

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト ボランティア・スタッフの中尾詩織さんが『70seeds』で紹介されました。『「体験が伝わる」ってどういうこと』

「未来につなぐ被爆の記憶」プロジェクト ボランティア・スタッフの中尾詩織さんが『70seeds』で紹介されました。『「体験が伝わる」ってどういうこと』、「これからの継承の形を被爆者と一緒につくっていくチャンス」という言葉

/ コメントはありません

【資料】被爆75年 核兵器をめぐるアメリカ世論の変化

被爆75年のこの夏は、核兵器や戦争被害をめぐって多くの報道がありました。なかでも、アメリカでの世論の変化が印象深く感じられました。  谷口稜曄さんら長崎の被爆者への取材にもとづく『ナガサキの被爆者―核戦争後の人生』(みす

更新日: / コメントはありません

【資料】被爆75年 核兵器をめぐるアメリカ世論の変化

被爆75年のこの夏は、核兵器や戦争被害をめぐって多くの報道がありました。なかでも、アメリカでの世論の変化が印象深く感じられました。  谷口稜曄さんら長崎の被爆者への取材にもとづく『ナガサキの被爆者―核戦争後の人生』(みす

/ コメントはありません

【各地の活動】奈良・平和ライブラリで資料整理はじまる

8月1日(土)、「平和ライブラリ」の資料整理が一歩を踏み出しました。当初3月に予定し、新型コロナの影響で延期されていた入谷方直さんによる資料整理の講習会がようやく実現したもの。主催は、ピースアクションをすすめる会・奈良県

更新日: / コメントはありません

【各地の活動】奈良・平和ライブラリで資料整理はじまる

8月1日(土)、「平和ライブラリ」の資料整理が一歩を踏み出しました。当初3月に予定し、新型コロナの影響で延期されていた入谷方直さんによる資料整理の講習会がようやく実現したもの。主催は、ピースアクションをすすめる会・奈良県

/ コメントはありません

書籍のご寄贈、ありがとうございました

○ 染谷繁實さんより、名越操著『ヒロシマ 母の記―史樹の「死」を生きて』(1985)、児玉克哉著『原爆孤老 流転の日々』(1987)、広島・長崎の証言の会編『イルボンサラムへ(日本人へ)―40年目の韓国被爆者』(1986

更新日: / コメントはありません

書籍のご寄贈、ありがとうございました

○ 染谷繁實さんより、名越操著『ヒロシマ 母の記―史樹の「死」を生きて』(1985)、児玉克哉著『原爆孤老 流転の日々』(1987)、広島・長崎の証言の会編『イルボンサラムへ(日本人へ)―40年目の韓国被爆者』(1986

/ コメントはありません

夏休みの被爆者運動史料整理

昭和女子大学の学生さんらによる夏休み恒例の被爆者運動史料の整理作業は、今年は新型コロナウィルスの感染防止のため、人数を1日2人にしぼり、また作業時間も短縮して行っています。  夏休み前半は、8月1、5、7日の3日間。春休

更新日: / コメントはありません

夏休みの被爆者運動史料整理

昭和女子大学の学生さんらによる夏休み恒例の被爆者運動史料の整理作業は、今年は新型コロナウィルスの感染防止のため、人数を1日2人にしぼり、また作業時間も短縮して行っています。  夏休み前半は、8月1、5、7日の3日間。春休

/ コメントはありません

国際平和博物館オンライン会議への参加報告

 第10回国際平和博物館会議が9月16日~20日の期間、コロナ禍の影響でグローバル・オンラインイベントとして開催されることになりました。すべて英語でオンラインのもとに行われます。INMP通信No.38「ジェネラル・コーデ

更新日: / コメントはありません

国際平和博物館オンライン会議への参加報告

 第10回国際平和博物館会議が9月16日~20日の期間、コロナ禍の影響でグローバル・オンラインイベントとして開催されることになりました。すべて英語でオンラインのもとに行われます。INMP通信No.38「ジェネラル・コーデ

/ コメントはありません

8・1「未来につなぐ被爆の記憶」夏休み親子企画の報告

 8月1日、継承する会初のオンライン企画として、「親子で学ぶ げんばくってな~に?」を開催しました。  昨年12月からこの企画のボランティアを募集、2月から毎月一回のペースで証言していただく木内恭子さん(9歳、広島被爆、

更新日: / コメントはありません

8・1「未来につなぐ被爆の記憶」夏休み親子企画の報告

 8月1日、継承する会初のオンライン企画として、「親子で学ぶ げんばくってな~に?」を開催しました。  昨年12月からこの企画のボランティアを募集、2月から毎月一回のペースで証言していただく木内恭子さん(9歳、広島被爆、

/ コメントはありません

7・21「未来につなぐ被爆の記憶」オンラインセミナー開催報告

標記セミナーは7月21日(火)13:30~15:00、東京四谷プラザエフをメイン会場にオンラインで(全国どこでも参加可能)開催され、参加者は報告者、事務局を含め全国から65名の方々が参加されました。その概要を以下に報告し

更新日: / コメントはありません

7・21「未来につなぐ被爆の記憶」オンラインセミナー開催報告

標記セミナーは7月21日(火)13:30~15:00、東京四谷プラザエフをメイン会場にオンラインで(全国どこでも参加可能)開催され、参加者は報告者、事務局を含め全国から65名の方々が参加されました。その概要を以下に報告し

/ コメントはありません